Apple新宿で「Morpholio Trace」というアプリを使ったToday at Appleのセッションに参加してきた。

「Morpholio Traceを使った透視図」といささか堅苦しいタイトルで、もしかしたら損をしていたかもしれないのだけど、はじめてでも簡単にそれっぽい絵に仕上げられた。誰でも気軽に参加できるものだった。おそらくそういうセッションがほとんど。

これまで何度かiPadをメインにToday at Appleのセッションに参加した。お絵かきアプリはProcreateを使ったセッションを2回ぐらい。
iPad用のお絵かきアプリはパソコンのアプリのように、メニューバーがないので手当たり次第にプルダウンして機能を探すといった使い方ができず、知らないとなにもできない。セッションに参加したおかげで、とっかかりがわかってその後は自己流で使えるようになった。

今回のMorpholio Traceのセッションでは、透視図サポートというツールを使って簡単に遠近感のある絵を描いたのだけど、たった30分、その機能に触れるだけでこのアプリのおおよその雰囲気がわかった何も知らないアプリを自力だとこうはいかない。

Procreateの時も家紋を作るというタイトルで、実際にはペン先をオリジナルの画像を登録する機能を使ったものだった。アプリの1つの機能にフォーカスしてセッションを組み立てるっていうのはいいやり方だと思った。

消失点について、こんな感じで説明してくれた
透視図サポート機能の説明を受けて、各自試してみる
その後、ステンシル機能を教えてもらったりして作品に彩りを加える。右側でレイヤー機能を使えることに後から気づいた。植木なんかはレイヤーで重ねればよかったんだね
最後に参加者の描いた作品を共有して大きなディスプレイで見る。これだけ大きくなると楽しいね
一緒に参加していた人の作品
一緒に参加していた人の作品
Apple新宿の中央にあるこんな雰囲気のところで開催
外の通りからもこんな感じで見えて楽しそう。思わず参加したくならない?
女神にチョコレートをもらいました

Morpholio Trace

関連記事

Pages 8.0でついに日本語縦書き対応!

はじめて買ったウォークマンはカセットボーイ

OpenEmuとPS4コントローラーでMacが最強ゲーム機に

キャンペーンのPontaポイントが付いてた

自炊してPDFにした電子書籍をトリミングしてKindle Paperwhiteで読む(2)

パルキア、捕獲成功。やっぱり楽しい

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です