今日、ずっと12.9インチiPad Pro+Apple Pencilを持ち歩いて仕事とか、ちょっとした集まりでメモしたりしてた。

最近の半年ぐらい、iPadをモバイルパソコンのように使うワークフローを色々試していたので、それでスムーズにできるようになっていたのが大きいと思う。いきなりなんでもiPadでやろうと思ってもきつい。大切な仕事で対応できないとかあったら困る。

12.9インチiPad Proで何を変えたかというと、入力に外付けキーボードを使わずにApple Pencilを使うようにしただけ。ずっと外付けキーボードなくてはならない派だったので、どうかなと思っていたのだけど、画面が広くなっただけのはずなのに、Apple Pencilを今まで以上に使いたいと思うようになった。

もともと紙のノートが好きっていうこともあるかもしれないけど、今はMacBookを持ち歩くよりも、自分をサポートしてくれるデバイスだと確信している。

Apple Pencilの書き味をよくするために貼っているペーパーライクフィルムのせいで、Apple Pencilのペン先がどんどん減っていくのが気がかり。

関連記事

iPad Proは1TBもありかも

試練を乗り越えて! 12.9型iPad Proとの愛を育む

iPhone XSを知ってiPhone Xへの愛が冷めそう

iOSやmacOSの進化 アップルファンが語るここがすごい

10.5インチiPad Pro用BRYDGEキーボード登場

USB-C to LightningケーブルでiPad Proを充電すると噂通り早かった

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です