連載:イトウアキのアップル系と呼ばれて(第23回)
XSの本体はXの流用じゃなかった

●いいえ、私が欲しいのはiPhone XRです
2018年の新iPhone発表イベントを見た直後から、iPhone XRが気になって仕方がない筆者の元に、“女神”からメールが届いた。内容を脳内変換して説明すると以下の通り。

女神: あなたが欲しいのは、この金のiPhone XSですか? それともこちらの金のiPhone XS Maxですか?

筆者: いいえ、私が欲しいのは赤いiPhone XRです。

正直に答えたところ、アップルという名の女神が金のiPhone XSと金のiPhone XS Maxの両方を貸し出してくれた。10月26日のiPhone XR発売前に、少しの間だが、新モデル2機種を試用する機会を得たのである。

せっかくなので、愛用のiPhone Xのデータを完全にXS Maxに移行して使ってみることに。もう一方のXSは自分のApple IDを設定して、「iCloud」と同期を取るサブ機に位置付けた。なぜ両方をメイン機にしないのかと思われるかもしれないが、筆者は同時に2台のiPhoneを愛せるほど器用ではないのだ。

女神から貸してもらったiPhone XS(下)とiPhone XS Max(手に持っている方)。よくみると壁紙のシャボン玉の模様が違う

●純正ケースには「iPhone X/XS」と併記されていない!?
女神は、端末と一緒に純正のレザーケースも送ってくれた。明らかにサイズの違うiPhone XS Maxは専用のレザーケースに入れるとして、XSは筆者が自分のiPhone X用に使っている手帳型ケース「レザーフォリオ」でもいいんじゃ……あれ? なんか変だぞ。

よく見ると、背面の穴からのぞくカメラが少しずれている。全く同じ寸法だと思っていたXとXSだが、カメラの位置とサイズが微妙に違うのだ。

アップルがアクセサリー開発者用に配布している資料「Accessory Design Guidelines for Apple Devices」によると、iPhone Xでは24.13mmだったカメラの縦幅が、XSでは0.1mm長くなっている。またレンズの中心もXSが右に0.2mm、下に0.4mmずれていることが分かった。

また、ケースの開閉とスリープを連動させる磁気センサーの場所も、iPhone XとXSでは違っていた。Xでは本体の下側にあったセンサーが、XSでは上側にあるのだ。使い込んだ革の味が出てきたX用のレザーフォリオがXSに流用できないと分かったときは、心の底からがっかりした。

アップルの純正のケースに「iPhone X/XS」と併記されていないのは、iPhone Xはもう型落ち扱いだからかな? くらいに思っていたのだけれど……さすがアップル、筆者のように0.1mmのずれが許せないユーザーもいると分かっている。

iPhone X用のレザーフォリオにiPhone XSを入れるとカメラユニットずれていることがわかる。右と下側がきつそう
iPhone Xを入れると、こんな風にぴったり
逆にiPhone XS用のレザーケースにiPhone Xを入れると、左と下の隙間が広くなってしまう。これも悲しい
純正のレザーケース。iPhone XS Max用(左)とXS用(右)。外箱には「iPhone XS Leather Case」としか書かれていない

●スピーカーとマイクの位置も微妙に違う
さらにiPhone X用のメッシュケースでは、カメラホールとは別の違いを発見してしまった。底面のスピーカーホールの位置も少し違っているのだ。底面を大きく開けたケースなら問題ないのだが、スピーカーホールに合わせて1つずつ穴が開いているタイプでは、穴のずれがとても気になる。そしてとても悲しい。

今後、iPhone XS用に発売されるサードパーティー製ケースにXを入れると、今回と同じような問題が起こるのは明らか。メーカーとしては「iPhone X/XS対応」として、カメラホールを一回り大きくしたり、スピーカーホールをつなげるなど、“ギリギリまで攻めない製品”を発売するに違いない。iPhone Xを長く使いたいなら、お気に入りのケースは品切れになる前に買っておくべきだろう。

レザーフォリオと使い分けて楽しんでいるメッシュケースには、カメラホール以外にも気になる点が……
iPhone XとiPhone XSでは底面のスピーカーとマイクの穴の位置が微妙に違うので微妙にずれる

関連記事

キャンペーンのPontaポイントが付いてた

Apple Payの会計とPontaの提示を同時に行うにはエクスプレスカードではダメ

ガラスコーティングしたiPhone Xの画面に傷!

100均グッズでiPhone Xを極限まで保護しました

AirPodsやめました

試練を乗り越えて! 12.9型iPad Proとの愛を育む

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です