連載:イトウアキのアップル系と呼ばれて(第25回)
色を変更したらお届けが3週間先に

スマホはiPhone、パソコンはMac、仕事先にはiPadを持参し、移動中はAirPodsで音楽を聴いているけど『別にアップル好きじゃないです』と言い張るライター伊藤朝輝がつづるアップルライフ。今回は、Apple Watchの新モデルをアップルストアまで出向いて購入したというお話だ。

●注文した色を変更したらお届け日が延びた
新しいApple WatchのNike+(ナイキプラス)モデルは、発売日の10月5日に手に入れるはずだった。しかし、注文した「シルバー」がいまひとつに思えてきて「スペースグレイ」に注文し直したところ、「お届け予定日」が10月26日に。そうなることは分かっていたが、やはり悔しい。

しかし、まだ10月5日の発売日に店舗で買うという手が残っている。予約分とは別に、発売日に店舗で販売する分が確保されているのはアップル系の常識だろう。発売日を逃すと入荷未定になってしまうことが多いので、店舗まで行くなら発売日の朝。当日販売分が何台あるかは不明だが、割り当てが多いのは家電量販店よりもアップルストアだ。当然、アップルストアに行く。

というわけで、10月5日は通勤ラッシュの電車に乗り、開店の1時間前、午前9時にアップル新宿に到着した。エントランス付近にはすでに20人くらいの列ができていた。

開店の10分くらい前になるとスタッフが現れて、列の先頭の人から順に買いにきた商品の聞き取りを始めた。在庫があればアップルマークの付いたカードを渡してくれる。

なんとなく客とスタッフのやり取りを聞いていると、Nike+を買いにきた人は半分くらいで、先に発売されたエルメスモデルを買いにきている人もいた。iPhone XS/XS Maxの人も多かったようだ。希望のNike+は確保できたので後は開店を待つのみ……。

発売当日の朝、開店を1時間後に控えた「アップル新宿」の前に並んだ人たち
買いにきた商品をスタッフに聞かれた際に、在庫があればこのカードが手渡される。なぜか中国語

●せっかく並んだんだからハイタッチしないと
開店の10時。客の列は40人くらいになっていたが、そのまま店内に案内されていたので、全員、希望の商品は買えるようだった。

10分くらい待って筆者の番になり、いつものように展示スペースにあるテーブルに案内されると、すでに自分が希望するApple Watch Nike+の「スペースグレイアルミニウムケースとアンスラサイト/ブラックNikeスポーツバンド」モデルが目の前に置かれていた。

会計をしながら話を聞くと、Apple Watch Series 4はすごく人気で、これまで以上にエルメスモデルが売れているとのこと。入荷した分はその日のうちに売れてしまうそうで、今日のように朝から並んで買いにくる人も多いようだ。

会計を済ませた後、スタッフにお願いしてハイタッチの写真を撮らせてもらった。周りにいたスタッフ数人ともハイタッチをしたのだが、ほかにやってる人がいないのでかなり照れくさい。しかし、これをしないとわざわざアップルストアまで来た意味がない。

Apple Watch購入後、スタッフにお願いしてハイタッチ。これを見ていたスタッフ数人も集まってきてハイタッチしてくれた
ハイタッチで高揚した気分のまま、ストア前で記念写真。Apple Watch3本目にして初のNike+モデル
オンラインで予約していたApple Watch Nike+はキャンセルした。「お届け予定日」が3週間も先では待ちきれない

●Apple Watchもガラスコーティングした
実はApple Watch用の画面保護フィルムが販売されている。そう書くと「腕時計に保護フィルム?」と思う人がいるかもしれない。筆者もそう思う。実際、2年ほど使ったApple Watch Series 2のステンレスケースモデルに傷はほとんど付いていない。だが、今回のNike+に関しては少し警戒している。

というのは、Nike+はステンレスケースではなく、アルミニウムケースだからだ。それぞれガラスの素材が違うらしく、アルミニウムケースの初代Apple Watchは1年ほどの間にガラスに細かい傷がいくつも付いて、すりガラスのようになってしまった。Nike+も同じような傷が付く可能性がある。Apple Watchに保護フィルムを貼るなんていうダサいまねはしたくないので、ここはやはりガラスコーティングの出番だ。

Apple Watchを買ったその足で、かつて筆者のiPhone Xをコーティングしてくれた友人の元に向かい、Apple Watchにコーティングを施してもらった。いつもながら仕事が丁寧で信頼できる。これで1年ほど使ってみて傷の付き具合を比較したい。

Apple Watchもガラスコーティングしてもらった。今年の3月にコーティングしてもらったiPhone Xには、いまだに目立った傷が付いていないので期待している
Nike+の穴開きバンドとiPhone X用ケース「AndMesh」のペアがイイ感じ

関連記事

ガラスコーティングしたiPhone Xの画面に傷!

100均グッズでiPhone Xを極限まで保護しました

AirPodsやめました

試練を乗り越えて! 12.9型iPad Proとの愛を育む

なんと15万円! iPhoneより高いケースの魔法にかけられて

アップル系の愛し方!Pixel 3の「iPhone化」計画

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です