ミンティアのことを「貧乏フリスク」と呼ぶらしいのですが、それよりもさらに安価なトップバリュのミントは「大貧民フリスク」かもしれない。

で、さらにトップバリュにはケースのミントの4個分サイズの袋入りミントがある。なんと198円。それでもフリスクより安い。
これをフリスクのケースに詰め替えれば、大貧民フリスクをカモフラージュできるのだけど、詰め替えが面倒。そこで提案。

ミンティアEXのケースに、トップバリュのミント1袋がちょうど入る

口の部分が密封できる形になっているので湿気らない。これがずっと使い続けている理由。最近見かけないなーと思っていたら、先日、近所のコンビニで見つけた。「ミンティアエクスケア」という名前になってラベルも変わっていたが、ケースは同じ。早速入れて使っている。古いのは汚れてきちゃったので、捨てよう。

1年半ぐらい前に買ったミンティアEX(右)、最近見つけたミンティアエクスケア(左)。ケースは同じ
キャップがキュッとしまって密封できるので1ヶ月ぐらいかかって食べても全然湿気らない

関連記事

ゴジラ伝説とイクタスのこと

新宿でToday at Apple!「Morpholio Traceを使った透視図」

はじめて買ったウォークマンはカセットボーイ

パルキア、捕獲成功。やっぱり楽しい

EXレイドの招待状は最大2枚まで

筆入れに入れやすいちょうど15cmの定規

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です