HealthPlanet

タニタの体組成計で測定したデータを連携する「HealthPlanet」というアプリを使っている。

昨日、原稿を書くために仕方がなく普段使っているiPhoneをバックアップ→初期化→復元したのだけど、2年以上測定してきた「HealthPlanet」データが消えてしまった。
「久しぶりにきた!」。実はこのアプリ、動作がとても不安定。レビューでも評判が悪い。ただこの1年ぐらいは、うちでは結構まともに動いてた。

iPhoneを復元しなおしてみたけどやっぱりダメ。

HealthPlanetは、体組成計で測定したデータをサーバーと同期していることを思い出して、ブラウザでWebサイトにログインすると以前のデータも確認できた。サーバー上にはデータはある。

Webサイトにアプリの使い方というページがあって、そこには「既にアカウントを持っている方はログインをすると、ヘルスプラネットのデータが読み込まれます」と書かれているだけだった。でもログアウト→ログインしてもダメだった。

自分も「データが消えた!」とレビューを書いて、憂さ晴らししてやろうとした時に、もしかしたらと思ってアプリを削除して、App Storeから再ダウンロードし、サインインしたらデータが戻ってきた。

アップルのバックアップと復元がいけないのか、HealthPlanetがいけないのかわからないのだけど、レビューでデータが消えたと言っている人の何割かはこれで直るかもしれない。
WebページにせめてFAQを作って「アプリを削除してインストールし直してみてください」と書いておいてくれたらいいのに。

アプリを再インストールすると「ヘルスケア」との連動を再設定しなければならない。これをやらないと「ヘルスケア」からデータが消えたままになる。

HealthPlanetアプリの設定画面を開いて「ヘルスケア連携の設定」をタップ

「すべてのカテゴリーをオン」をタップ。すると「すべてのカテゴリーをオフ」になる。表示だけ見るとこれで「許可」をタップするとオフになってしまうような気もするが、これで良い。「体脂肪率」もオンにしておこう。

設定画面でもう一度「「ヘルスケア連携の設定」をタップして表示がこの画面になっていればアプリ側の設定は正しくできている。

ちなみにアプリの起動と体組成計の起動が連動する機能が正常に働かなくなった場合は、iPhone側でBluetoothをオフ→オンすると直ることがある。

関連記事

Apple Musicの曲を汎用形式で保存できるTuneMobie Apple Music Converter

YouTubeの動画をレスポンシブで貼り付ける(その2)

DJ MIX公開用にMixcloudを使ってみる

iPhone XはHumixxのバンパーでカバーする

iPhone X予約成功、発売日入手予定

USB-C to LightningケーブルでiPad Proを充電すると噂通り早かった

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です