MiniSuit New York Bluetooth

MiniSuit New York Bluetooth
akibyonです。

iPad mini Retina 128GBのセルラーモデルは、すでに最強なので、最強化の余地はないと思われるかもしれませんが、愛でいくらでも最強化できます。最強化の目標は「パソコン(Mac)を持ち歩かなくてもできることを増やす」です。

というわけで、まずはライター仕事に必須のテキストを快適に入力/編集するために、Bluetoothキーボードを用意しました。てゆうか、以前からiPad miniで使っていてお気に入りのMiniSuit New York Bluetoothキーボードが、Retinaモデルでも使えました!

詳細な使用感は↓を参照願います。
MiniSuit New York Bluetoothキーボードで使えるショートカット

Retinaモデルは、以前のモデルより0.3mm厚くなっているのですが、一見物理的にはさみ込んで固定しているように見えるMiniSuit New York Bluetoothキーボードは、実はヒンジ部にマグネットでくっついているのです。そのため0.3mm程度の厚み増は、さほど影響しなかったようです。しっかり固定できています。

iPad mini Retinaと合体したときの姿もお気に入りな上、文字入力も快適です。キーピッチ約15mm(実測)という、はじめは打ちづらいと思うかもしれないキーボードですが、オンスクリーンのキーボードよりも圧倒的に快適に入力できます。純正のスマートカバーのように、開閉でiPadをオン/オフでき、キーボード自身のスリープ/スリープ解除が連動します。パスコードロックもキーボードから解除できます。
スペースグレイ&メタリックレッド
iPhoneだけ先にスペースグレイになって、違和感だったメタリックレッドのバンバーとのコーディネートが、iPadもスペースグレイになったことで、並べたときになんともいい感じに落ち着きました。
下のAmazonのリンクで言うと、私が買ったのは左のMiniSuit NewYorkのものですが、シルバーでもよければ、右のほうが安いです。ものは同じと思います。

関連記事

Hey Siriが使えてワイヤレス充電にも対応のAirPods 2登場!

Pages 8.0でついに日本語縦書き対応!

OpenEmuとPS4コントローラーでMacが最強ゲーム機に

充電系をUSB-Cで統一すると楽になるね

Apple Watch用のスペースグレイリンクブレスレットのパチモン

iPadが大き過ぎてKindle Paperwhiteを買いました

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です