Parallelesアクティベーションの回数が最大値に到達しました

iMac 5Kでも引き続きParallels Desktop 11(12は見送って秋にリリースされるはずの13狙い)のつもりだったのだけど、Mac miniでアンインストールしたにも関わらず、iMacでアクティベーションすると「製品ライセンスを確認できません。お手持ちのアクティベーションキーで実行できるアクティベーションの回数が最大値に到達しました。新しい製品ライセンスをご購入ください」というメッセージが出た。今までこうやって何度か引っ越ししてきたのに。

日本の正規販売代理店のact2のサポートサイトにアンインストーラーが提供されていることを知り、これを使って再度アンインストールを試してみたが変わらずだった。

Parallels Desktop 11 アンインストール方法

同じサポートサイトに上記のエラーメッセージへの対処方法も書かれていた。

「アクティベーションキーで実行できるアクティベーションの回数が最大値に到達しました」と表示されてアクティベーションできない

書かれている通りにParallels社にアクティベーションの解除依頼をしたら、次の日にはアクティベーションできた。
どうしようかなと思ったけど、最初の依頼時に自分のアクティベーションキーを書いておいたら、解除しましたとのメールがきて早かった。以下引用。

本件について、弊社ではライセンス管理のため、システム上でアクティベートの回数制限を行っています。
システム上でライセンスキーの情報を確認しましたら、ロックがかかっている状態です。
今回、アクティベートの回数を超えてしまったので、ライセンスキーがロックされてしまいます。
こちらよりサーバー上でアクティベーションキーをリセットいたしました
お手数ですが、再度アクティベートできるかどうかご確認いただけますでしょうか。

もし改善されない場合、下記の手順でお試しいただきますようお願いいたします。
Mac OSからターミナルを起動していただき、下記スクリプトを実行してください。
方法:
1. 「Spotlight」検索欄を出す:「Control」キー+「スペース」キー
2. 「terminal 」を入力し、「Return」を押す
3. ターミナル画面上に下記のコマンドを入力し、「Return」を押す
 prlsrvctl activate-license-online 

関連記事

MacBook Pro 13 inch, 2017 Touch Barモデル

Parallels Desktop 12に25% offでアップグレード

iCloudミュージックライブラリとiTunes Matchの違いを今さら実感した

iMac 5Kに21インチのサブモニター

iMac 5Kへの移行で写真ライブラリが壊れていた

iMac 5Kへの環境移行を手作業でするときのメモ

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です