iTunes

iMac 5Kへの移行後に気がついたことがもう1つ。

iTunes Matchが日本でリリースされた直後から使っていた。Apple MusicのiCloudミュージックライブラリ機能とかぶるので、iTunes Matchの更新をやめた。その利用期限が切れたのが5/1。特に問題なく使っていたように思うのだけど、水面下で密かに怖いことが起こっていた。

Appleのカタログとマッチングして一致した場合、ローカルのミュージックデータはアップロードすることなくクラウド上から再生される。これはiTunes MatchもiCloudミュージックライブラリも同じなのだけど、iCloudミュージックライブラリでは「マッチ」と「Apple Music」という2つの状態がある。

マッチした曲がApple Musicで提供されていたら「Apple Music」と表示されるのだ。

「iCloudの状態」が「マッチ」
「iCloudの状態」が「マッチ」

これの何が違うかというと、「マッチ」の曲をダウンロードしてもDRMフリーなのに対して、「Apple Music」の曲は自分がCDから取り込んだ曲だとしてもダウンロードするとDRMが付く。MacのiTunesライブラリにはCDから取り込んだオリジナルが入っているのであまり影響はない。間違えて消して、iCloudミュージックライブラリからダウンロードするとDRM付きになってしまう点を注意しておけばいい(DRMが付いたとしてもCDから取り込み直せば良い)

困ったのはiPad。基本的にストレージ内には曲データを入れずに、クラウドから再生するような使い方をしているのだけど、先日のDJで使ったアプリ「djay 2」でかける曲はダウンロードしてストレージに入れておかなければならない。そして、その曲にもしDRMが付いていたらターンテーブルに乗せたときにはじかれてしまうのだ。サードパーティ製だからダメというわけではなくて、iMovieのBGMにするってこともできない。おそらく加工が許されないのだと思う。

次のDJパーティのために曲を選んでいて、使えない曲があってかなり困る。またiTunes Matchに戻そうかなという気にもなっている。Apple Musicやめてもいいや。

関連記事

Hey Siriが使えてワイヤレス充電にも対応のAirPods 2登場!

Pages 8.0でついに日本語縦書き対応!

OpenEmuとPS4コントローラーでMacが最強ゲーム機に

12インチMacBook 2015はMojaveで使ってる

Hey Siri、しょりゅいフォリュダを開いて

MacBook Pro 2018アップデートおさらい

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です