DJケーブル

今度、友だちのカフェでイベントがあり、DJプレイに初挑戦する。当日行けば機材はあるようなのだけど、触ったことがないのでiPad用のDJアプリ「djay 2」を使う。

iPad用のDJアプリ「djay 2」
iPad用のDJアプリ「djay 2」

基本的にテンポの近い音源を使ってアプリの機能でBPMを合わせるので、キューのタイミングさえ間違えなければ、そう変な感じにはならない。なので普通に鳴っている音を聞きながらやっても良いのだけど、練習している中でうまく合わないこともあるのが気になってきた。

そこで、外に音を出していない側のターンテーブルの音をモニターして、外の音とタイミングを合わせたい。djay 2のスプリット機能とDJケーブルを使うとそれができるらしい。

スプリット機能をオンにすると、外に出ている音を左、出していない側を右に振り分ける。それぞれの音はモノラルになる。iPadのイヤホンジャックから出る音がそのように分かれるので、分岐するケーブルを用意すれば良い。

ステレオジャックを2つのステレオジャックに分岐するケーブル
ステレオジャックを2つのステレオジャックに分岐するケーブル。2人聴くときにイヤホンの片耳ずつにしなくてもいい。でもそれがラブラブアピールするには良いという意見もある

まず考えたのは、以前から持っていた1つのイヤホンジャックを2つに分岐するケーブル。これでいいじゃんって思ったけど、やってみたらダメだということがわかってきた。ちゃんと考えればそうだ。やってみないとピンとこない。ステレオがステレオで2つに分かれるだけなので意味がない。左右をそれぞれ2つに分けなければならないのだ。

ステレオジャックをピンプラグで左右に分岐
ステレオジャックをピンプラグで左右に分岐するケーブル

ステレオジャックをピンプラグで左右に分岐する、割と一般的なケーブル。これだと左右が分かれるので分岐するところまでは合っている。でも赤側(右)にイヤホンをさせるように変換しなければならない。白(左)の方はミキサーに接続することを考えれば、そのままにしてミキサー側でパンを中央にすれば対応できると思う。

ピンプラグをイヤホンに変換するのは意外に大変。そういう状況が思いつかないのでなさそうだろうなと思いつつAmazonで探してみたけどやっぱりない。

結局、素直にDJケーブルを買ったほうが安く上がりそうなので、そうすることにした。

Native Instruments DJアクセサリー TRAKTOR DJ CABLE
Native Instruments DJアクセサリー TRAKTOR DJ CABLE

djayを作っているところとは違うメーカー製のケーブルだけどちゃんと機能した。分岐側のジャックそれぞれにスピーカーとイヤホンのアイコンが刻印されていて、それに合わせて出力された。

実際に使ってやってみたら、結構違和感がある。本来聴こえてはいけない音がイヤホンから出てくるので、なんかドキドキするのだ。そしてアプリのフェーダーを切り替えると突然反対側のターンテーブルの音がイヤホンから聴こえてくる。それでいいのだけど、慣れないと何をやっているのか分からなくなる。練習しなければ!

関連記事

Apple Watch用のスペースグレイリンクブレスレットのパチモン

iPadが大き過ぎてKindle Paperwhiteを買いました

10.5インチiPad Pro用BRYDGEキーボード登場

iPhone XはHumixxのバンパーでカバーする

USB-C to LightningケーブルでiPad Proを充電すると噂通り早かった

iPadのiOS 11パブリックベータで新機能紹介(その2)

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です