Apple Watch最強化計画

Apple Watch Series 2は奮発してステンレスケースのモデルを買った。なぜなら、ゆくゆくはバンドをリンクブレスレットに交換して、メタリックで重厚な時計にしたかったから。だけど純正リンクブレスレットは4万5800円。いつまでたっても手が届きそうにないので、Amazonに売っていた2999円のリンクブレスレット的なバンドを買ってつけてみた。

買ったのは「QQPOW Apple Watch ベルト 高品質ステンレス 腕時計用ベルト 腕時計 バンド (42mm, シルバー)」というもの。Amazonに掲載されている写真を見る感じでは、純正のリンクブレスレットとそっくり。で、また、同じようなのがJETechというところからも販売されていて1799円。もしかしたら全く同じ商品なのかもしれないのが、Amazonのややこしいところ。

Apple Watch最強化計画

まあ、私が買ったのはQQPOWの方です。1799円のがあるのは、後で気がついたのですけどね。

Apple Watch最強化計画

本体との接続部なんかはちゃちいのかなと思っていたけど、意外とちゃんとしてる。

Apple Watch最強化計画

留め具の仕組みも同じっぽい。「ぽい」って書いてるのは、実は本物をちゃんとみたことがないから(^^;

Apple Watch最強化計画

違うのは、工具無しでサイズ調節できる仕組みにはなっていないところ。自分が知ってる従来の方式。SIM抜きピンみたいなものが同梱されていて、バンドの横にある小さな穴に挿して押す。

Apple Watch最強化計画

こんな感じで外れる。そっとやらないと、ピンが飛び出ちゃうので注意。アマゾンのレビューでは、付属のSIM抜きピンみたいなのじゃ固くて外せないって書いてた人もいたけど、全然そんなことはなかった。

上下から2個ずつ(4つ)抜いたらゆるゆるで、3個ずつ(6個)抜いたらフィットしすぎ。このぐらいがちょうど良い人もいるとは思うけど、少し緩めが好きなので、最終的には3個と2個(5個)にした。バンドの長さが違うことになるけど、つけてみたら違和感はなかった。

Apple Watch最強化計画

抜く時よりも、接続する時の方がコツがいるかも。こんな感じでピッタリ合わせておいて、出っ張ったピンを押し込みつつはめ込むとよいかも。

Apple Watch最強化計画

純正のリンクブレスレットのようにバンドを上下にバラせないので、Apple Watch本体との接続は上下同時にやることになる。Apple Watchの電源はオフにしておいた方がいい。パスコード画面を何度も触ってエラーになっちゃうから。

Apple Watch最強化計画

なんか、高級感出た!作りがちゃちい感じもしない。あ、でも、本物をちゃんと見たことないで言ってます。このバンドにすると、クロノグラフのウォッチフェイスもあう気がするなぁ。

Apple Watch最強化計画

裏から見ても結構いい。2日ほどつけてるけど、どっか痛くなるとかそんなのもない。純正のバンドにこだわることないかも。いろんなバンドを付け替えて楽しんでいけばいいんじゃないかな。でも、今度、ショップで本物のリンクブレスレットをちゃんと見てこようとは思っています。

関連記事

Hey Siriが使えてワイヤレス充電にも対応のAirPods 2登場!

OpenEmuとPS4コントローラーでMacが最強ゲーム機に

充電系をUSB-Cで統一すると楽になるね

Apple Watch用のスペースグレイリンクブレスレットのパチモン

iPadが大き過ぎてKindle Paperwhiteを買いました

AirPodsやめました

コメント

  1. 松沼大貴

    突然外れたりすることはありますか?(バックルが)

    • akibyon
      akibyon 作成者

      コメントありがとうございます。今ところはありません。
      ジムのトレッドミルで走りながら30分ぐらい激しく腕を振っていたこともありましたが大丈夫でした。

  2. Apple Watch用のスペースグレイリンクブレスレットのパチモン – Quickcaman Strikes back !

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です