akibyonです。
Apple TVのYoutubeやiTunes Storeの検索画面では、日本語の入力がサポートされていないので、日本語で検索することができません。
でもそれは、iOSアプリの「Remote」を使えばできるよって話を書こうと思っていたのですが、いつからかRemoteで日本語を入力はじめると全部文字を入力し終わる前にすぐに検索に行ってしまって「見つかりませんでした」になるようになっていました。
それが、先日のApple TVのソフトウェアアップデート(4.2.2)で修正されました。
まず、Apple TVのソフトウェアをアップデートしましょう。
01.jpg02.jpg
iPhoneなどにRemoteをインストールしましょう。
icon
icon
Remote(無料)をApp Storeでチェックする。
icon
Remoteの設定で、ライブラリをApple TVに切り替えます。このときApple TVでホームシェアリングを有効にしている必要があります。ホームシェアリングのやり方については、また今度詳しく書きたいと思います。
05.png
iPhoneがタッチスクリーンを使ったApple TVのリモコンになります。
05.png
Apple TVで検索画面を表示したら、Remote上では図のようになるので日本語が入力できます。入力した文字がリアルタイムでApple TV上にも表示されます。
06.png
入力できたらソフトウェアキーボード上の「改行」をタップします。改行ってちょっとおかしいんですけどね。
Apple TVユーザーが、みんななんかしらのiOSデバイスを持っているわけではないと思いますが、私としてはこれでOKです。
参考→iPhoneでiTunesをRemoteせよ

関連記事

アプリを贈ろう!(KORGアプリ1,000円オフ記念)

GBA4iOSでセーブデータを移行するときの注意

GBA4iOS間でセーブデータ、ROMデータを移行する方法

KORG Gadget講座の復習と宿題(ドラムパート)

OTOTOYの学校で、KORG Gadgetの勉強をはじめました。

GBA4iOS 2.0.2インストールと起動時の不具合回避方法

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です